自己形成の心理学 ― 他者の森をかけ抜けて自己になる (世界思想ゼミナール)

自己形成の心理学
目次
はじめに

第I部 自己形成の根源としての他者
第1章 他者とつながろうとする力
第2章 他者を一体的な関係で学習する
第3章 他者へのポジショニング
第4章 他者の森をかけ抜けて自己になる1

第II部 青年期の自己形成論
第5章 自己発達から自己形成へ
第6章 対話的自己の世界観1
第7章 対話的自己の世界観2
第8章 ポストモダン社会におけるアイデンティティの二重形成プロセス
第9章 他者の森をかけ抜けて自己になる2

あとがき

参考文献
引用文献
自己論へのスタディガイド
人名索引
事項索引

溝上 慎一 著
本体2,000円(税別)
2008年10月発行
四六判/248頁
ISBN978-4-7907-1370-8
人は、どのように他者と出会い自己を形成していくのか? さまざまな「私」の衝突をどう調整しているのか? ジェームズの自己論、エリクソンのアイデンティティ論、ハーマンスの対話的自己論……多彩な理論から自己形成の本質を解き明かす。

世界思想ゼミナール (哲学・思想・宗教・心理)


日本パーソナリティ心理学会ウェブサイト内、「図書紹介」に、書評が掲載されました。
こちらからご覧いただけます。
「図書紹介」


amazonで買う

直前の画面に戻る