風景の論理 ― 沈黙から語りへ

風景の論理
目次
序 章 風景概念の哲学的反省

第一章 風景概念の基本構成

第二章 原型 ― 風景以前

第三章 基本風景

第四章 原風景

第五章 表現的風景

終 章 形の論理 ― 構造と弁証法

参考文献

木岡伸夫 著
本体2,300円(税別)
2007年発行
四六判/244頁
ISBN978-4-7907-1271-8
時と所によって異なる〈世界〉の意味は〈風景〉に表れる。過去の哲学が見落としてきた風景経験の多元性を「原型 ― 基本風景 ― 原風景 ― 表現的風景」へと辿り、その構造と弁証法を〈形の論理〉によって究明、新たな風土学体系の構築へと歩み出す。

専門書 (哲学・思想・宗教・心理)


amazonで買う

直前の画面に戻る