日本哲学の国際性 ― 海外における受容と展望

日本哲学の国際性
目次
緒言[J.W.ハイジック]

第一章/フランス語圏
 1 フランスにおける日本思想研究の現状[F.ジラール]
 2 フランス語圏における現代日本哲学研究[B.ステヴァンス]
 3 フランス語圏における西田幾多郎研究 ― アプローチと展望[J.トランブレー]

第二章/英語圏
 1 英語圏における日本哲学[T.P.カスリス]
 2 海外における日本人研究者の活動と貢献[有坂陽子]
 
第三章/スペイン語圏
 1 スペインにおける日本哲学[R.ボウソ]
 2 ラテンアメリカにおける日本哲学[L.クノート]

第四章/イタリア語圏
 1 イタリアにおける日本の宗教・哲学研究[M.チェスターリ]
 2 イタリアにおける日本の哲学の未来[T.トゾリーニ]

第五章/ドイツ語圏
 1 ドイツ語圏における日本哲学[R.エルバーフェルト]
 2 ドイツにおける日本仏教の哲学的受容[松戸行雄]
 3 ドイツにおける日本哲学の未来[G.コプフ]
 
第六章/中国語圏
 1 中国語圏における日本の哲学[張 政遠]

第七章/哲学の定義を考える
 1 生成中の哲学を定義すること[J.C.マラルド]
 2 日本の宗教哲学における刺激的な両義性 ― 西田と禅とを中心に[B.デービス]
 3 定義された哲学を「再定義」する ― 『日本哲学資料集』へのアポロジー[J.W.ハイジック]
人名索引

J.W.ハイジック 編
本体2,800円(税別)
2006年発行
A5判/362頁
ISBN978-4-7907-1179-7
フランス語、英語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語そして中国語という六つの言語圏における「日本哲学」受容の歴史を概観し、歴史的資料の紹介や将来への展望をまじえつつ、「日本哲学」研究上のさまざまな問題点を浮かび上がらせる。

専門書 (哲学・思想・宗教・心理)


amazonで買う

直前の画面に戻る